ホストの役職について理解しておこう

ホストの世界でも役職というのが存在しています。
その役職は一般企業とは異なり、ホスト独自の役職になっているのが特徴です。

まず、どの企業でも同じなのが「社長」。
これは店の運営責任者を指しています。
オーナーが別にいる場合は、雇われ社長などと呼ばれることもあります。
具体的な仕事内容としては、スタッフ同士のトラブル対処やイベントを考えたり、広告を出すような事務的な要素が強い仕事になります。
人材確保の為に動くこともあるでしょう。
給料は基本給と歩合によって決まることが多いのですが、歩合は実際に働いているホストと比べて低めに設定されていることが多いようです。

次に、「代表(店長)」と呼ばれる人ですが、これは社長の次に偉い人を指します。
代表(店長)は、売上に対して積極的に行動し、ホストの中でも常にトップクラスの人に与えられるものです。
シフトなどの調整やホストの教育、イベント企画、店全体を回す役目を担っています。
またホストの写真撮影の付き添いや、写真撮影のアドバイスなども行っています。

それから、「プロデューサー(ディレクター)」と呼ばれるものですが、これはもともと代表であったり、力があったホストが請け負うことが多いようです。
プロデューサー(ディレクター)は裏方でホストの教育にあたったり、指導を行う立場です。
またそれ以外の役職として、幹部や幹部補佐、主任や副主任などの役割もあります。
マネージャーやリーダーなどと呼ばれることもあるでしょう。
この言い方は店によって異なっているので注意が必要です。

役職になることで、歩合のパーセンテージが増えたり、手当がつくこともあります。
毎月売上のナンバーを決めるのですが、そのナンバーをどれだけキープすることができるのか、どれぐらいの売上を確保することができているのかなどを見極め、店側から役職を付けられることも多いようです。
基本的には、ホストとして働くことがベースとなりますが、イベント企画の段階で意見を言える立場になったり、売上をどのように向上していくのかなどマネジメント側にまわって仕事をしていくことになります。

ただし、ナンバーワンと呼ばれる地位になったとしても、すぐに役職になれるわけではありません。
ほとんどの店でナンバーワンだからという理由だけでは役職にしていないようです。
手本となるように自分自身の売上を維持し、店に貢献していくことができているのかという点を重視し役職を決めていく為、売上が良いというだけではなれないのです。